筋トレ・ダイエット

【体験談】コーヒーダイエットが予想以上だった件

もともとコーヒーはそんなに飲まない方だったが、このご時世デスクワークが増え、仕事の片手間にデスクにはコーヒーがある生活が増えた。

コーヒーダイエットは少し前に話題となったので知っている人も多いと思いますが、ブラックコーヒーとダイエットの相性はピッタリです。今現在ダイエット中、もしくはダイエットをしたいと思っている方は一緒にブラックコーヒーを飲んでみてはいかがですか。

目次

  1. いつもの甘い飲み物をブラックコーヒーに変えるだけで1ヶ月で−2kgになった話
  2. コーヒーを飲むタイミング
  3. コーヒーダイエットは基本ブラックで
  4. カフェインとポリフェノールには脂肪燃焼効果が
  5. 飲み過ぎにはご注意を

いつもの甘い飲み物をブラックコーヒーに変えるだけで1ヶ月で−2kgになった話

カフェインには利尿作用があることは知っていたが、毎回と言って良いほど飲んだらトイレを催すはブラックコーヒーだけだと私は感じる。毎朝のブラックコーヒーで体に不要な水分や老廃物を流してくれ、スッキリとした朝を送ることができる。私の友達で大量の水を飲み、利尿作用を促し「むくみ」を改善しようとしている方がいたが、コーヒーにもそれが期待できるとの事。1日に大量の水が飲めない方は、一度ブラックコーヒーを取り入れて見ることをおすすめします。

私の場合は朝にコーヒー、食後にコーヒーを飲む(2〜3杯)だけでお通じが必ずと言って良いほど出ます。それとコーヒーを飲むと食欲の抑制効果もあり、しばらくは何も食べずに作業を行うことができます。その効果を利用したら結果的に1ヶ月で−2kgの変化がありました。

コーヒーを飲むタイミング

カフェインとポリフェノールには体に蓄積した脂肪を分解・燃焼する効果がありますが、食後30分以内にコーヒーを飲むとついさっき食べた食事の脂肪吸収をより抑える効果があります。さらに食欲の抑制効果もあり、少量の食事で満足できる様になるでしょう。食事に区切りをつけ、食後にブラックコーヒーを飲むことが大事です。

コーヒーダイエットは基本ブラックで

加糖の甘いコーヒーはNG!基本はブラックです。

もしブラックコーヒーが苦手な方は無脂肪牛乳を混ぜるのもおすすめします。

カフェインとポリフェノールには脂肪燃焼効果が

コーヒーの代表的な成分として知られるカフェインには、ダイエットに効果的な「脂肪を分解・燃焼する働き」があります。

またポリフェノール(クロロゲン酸)にも同じ様な効果があると言われ、ブラックコーヒーは脂肪燃焼に最適な飲み物なんです。

通常コーヒーを飲む際は「ホット」と「アイス」がありますが、よりダイエットに最適なのは「ホット」で飲むのがおすすめです。ただ、「アイス」でもダイエット効果は十分に期待できます。

飲み過ぎにはご注意を

カフェインには血糖値の上昇や食欲抑制という効果がありますが、決して「コーヒーだけを飲む」「大量に飲む」と言った食生活はおすすめできません。血圧や心拍数の上昇を引き起こしたり、胃痛や胸焼けを引き起こしたりする可能性があるからです。また妊娠中や授乳中のコーヒーはお控えください。

適量を守りダイエットに取り入れることをお勧めします。コーヒーを飲みつつ公立的に脂肪を燃焼させてましょう。

-筋トレ・ダイエット