仮想通貨

2022年仮想通貨の今後の狙い目・これから伸びる将来性ランキング【おすすめ草コイン】

仮想通貨を買いたいけど、何の通貨を買えばいいの?

将来性のある仮想通貨を知りたい!

このような疑問にお答えします。

仮想通貨は一時は全体的に弱気な相場だったものの、先月と比較すると月末には強気派の動きが見られ始めています。

「安値で買って、高値で売る」には今が最大の買いのチャンスとも言われています。

しかし、仮想通貨は数千種類あると言われています。数がこれだけ多いと、どの通貨に投資していいかわからない」とお悩みの方に向けて本記事では「今後の狙い目仮想通貨」をランキング形式でご紹介いたします。

仮想通貨を始めたい方は、ビットフライヤーがおすすめ。

ビットフライヤーが人気の理由

  • ビットコイン取引国内No1
  • 1円から買えるビットコイン
  • 口座開設が簡単で無料
  • 初心者でも使用しやすいスマホアプリ
  • セキュリティが万全
  • 電話でのカスタマーサポート

※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2021 年の年間出来高(差金決済 /先物取引を含む)

イッシー

ビットフライヤーでは、仮想通貨を1円から購入することが可能なので、初心者でも気軽に始めることができる!

bitFlyer この記事でわかること
  • 仮想通貨おすすめ銘柄ランキング
  • おすすめの仮想通貨取引所
  • 仮想通貨の選び方

仮想通貨おすすめ銘柄ランキング【今後の狙い目】

こちらでは仮想通貨初心者におすすめな、仮想通貨を始めるなら買っておくべき銘柄をご紹介します。

おすすめ銘柄ランキング

  • イーサリアム(ETH)
  • ビットコイン (BTC)
  • リップル(XRP)
  • ポルカドット(DOT)
  • エンジンコイン(ENJ)

今後の狙い目1位:イーサリアム(ETH)

通貨名イーサリアム(ETH)
価格¥214,874
時価総額¥26,296,692,699,864
取扱取引所例»bitFlyer公式
※2022/09 現在

おすすめ1位はイーサリアムは、時価総額2位を誇る仮想通貨です。

2015年の7月に生まれ、ビットコインに次ぐ仮想通貨として世界的に知られています。

イーサリアムの最大の特徴は、スマートコントラクト機能で、スマートコントラクトがブロックチェーン技術の可用性を高めています。

NFTアートやメタバースのアイテムやアバターなど、「一点物の証明」として利用されることが多くなりました。

なぜイーサリアム(ETH)が今後の狙い目1位となったのかはこちらの記事で説明しています。

今後の狙い目2位:ビットコイン (BTC)

通貨名ビットコイン (BTC)
価格¥2,846,180
時価総額¥54,508,863,887,737
取扱取引所例»bitFlyer公式
※2022/09 現在

おすすめ2位はビットコインです。

ビットコインは、世界で初めて作られた仮想通貨です。

ビットコインは2021年9月にはアメリカのエルサルバドルで法定通貨として認定されています。

知名度、規模、時価総額のどちらに関しても圧倒的に堂々の1位となっており、仮想通貨初心者だけでなく、仮想通貨を始めている方の多くが保有しています。

仮想通貨を始めるなら真っ先に検討する通貨です。

ビットコイン以外の仮想通貨を指すアルトコインは、ほとんどビットコインの技術を土台に開発されています。

アルトコインとは..

ビットコインの後に登場した暗号資産(仮想通貨)の総称。ビットコイン以外の仮想通貨のこと。ほとんどのアルトコインの基本的な仕組みはビットコインを元に作られている。

今後の狙い目3位:リップル(XRP)

通貨名リップル(XRP)
価格¥70
時価総額¥3,435,662,943,556
取扱取引所例»bitFlyer公式
※2022/09 現在

第3位には、国際送金に特化した「リップル」がランクイン。

時価総額は約3兆3,000億円ほどで6位。上位2銘柄と比較して「100円未満」で買えるのもおすすめポイントの一つ。

リップルの特徴は取引のスピード感。リップル社が管理する中央集権通貨なので、取引の管理もすべてリップル社で行っています。

近年はマイニングによる取引動作の遅延が問題となっていますが、中央集権通貨のリップルはこの問題をクリアしています。

今後の狙い目4位:ポルカドット(DOT)

通貨名ポルカドット (DOT)
価格¥1,001
時価総額¥1,137,809,954,965
取扱取引所例»bitFlyer公式
※2022/09 現在

ポルカドットは、2020年8月に上場した仮想通貨で、WEB3.0の実現を目指すプロジェクトによって形成されたブロックチェーンです。

ポルカドットの特徴として異なるブロックチェーン動詞を繋いで相互運用できる、完全な分散型のWeb世界を作り出せます。

ポルカドットはここ最近で急激に注目を浴びており、いまやどのサイトでも注目のアルトコインとして挙げられています。

知名度が上昇しているので、今後の拡大も大いに考えられます。

今後の狙い目5位:エンジンコイン(ENJ)

通貨名エンジンコイン (ENJ)
価格¥71
時価総額¥71,207,867,212
取扱取引所例»bitFlyer公式
※2022/09 現在

エンジンコインは、上記したビットコインやイーサリアムと比較すると、時価総額の規模は大きくないものの、1,400億円の規模を持っている仮想通貨です。

現在話題の分野「NFT関連銘柄」ということで注目を浴びています。1番大きな特徴が「専門知識がなくてもNFTを作成・販売」できる点です。

エンジンコインが発行されているEnjin Platformでは、NFTの発行やゲームのアイテムを資産にできるなど、ゲーム内のアイテムに資産価値を付ける事で、ゲームで稼ぐという事が出来るようになります。

「ゲームで稼ぎたい」「NFTに今日がある」といった方には、エンジンコインがおすすめです。

失敗しない仮想通貨の選び方

仮想通貨を選ぶ上で大切なポイントをご紹介します。

仮想通貨の選び方

  • 信頼性が高いか
  • 時価総額が高いか
  • 流動性が高いか
  • 大手企業が提携・出資しているか

信頼性が高い銘柄を選ぶ

仮想通貨を選ぶにあたり「信頼性」を真っ先に重視してください。

仮想通貨の信頼性を測る基準の一つとして「ホワイトリスト」があります。

「ホワイトリスト」とは、金融庁の登録を済ませた暗号資産取引所で取り扱っている仮想通貨銘柄のことです。

その他の、信頼できる仮想通貨の見分け方は「コミュニティもしくは時価総額を見る」とわかりやすいです。

調べても企業や開発チームの情報が見つけづらい仮想通貨であれば、そお通貨は選ばないほうが賢明といえます。

時価総額が高い銘柄を選ぶ

時価総額を見れば、仮想通貨市場での需要がそのまま数字に現れているので、高ければ高いほど安定している通貨と言えるでしょう。

2022年9月時点での時価総額

  1. ビットコイン(BTC) 約53兆円
  2. イーサリアム(ETH) 約19兆円
  3. テザー(USDT) 約9兆円
  4. USDコイン(USDC) 約7.5兆円
  5. バイナンスコイン(BNB) 約5.1兆円

ビットコイン・イーサリアム・リップルなどは数年間安定して上位にいるので、長期投資としておすすめできます。

流動総額が高い銘柄を選ぶ

仮想通貨はバーチャルなものなので、オンラインでの送金・取引が主になります。

流動性とは「交換のしやすさの度合い」で、流動性が高い仮想通貨は安定して現金化できます。

たとえば、日本国内で多く取り引きされているビットコインやイーサリアムは容易に日本円に換金できるため流動性が高いといえます。

しかし、「草コイン」とよばれる大半のアルトコインは、時価総額が低く取引量も低調であるため、換金性が低く、流動性が低いといえます。

初心者には活発な取引がある仮想通貨をおすすめします。

大手企業が提携・保有している銘柄を選ぶ

企業提携・保有例

  • ビットコイン:テスラ・コカコーラ・ペイパル
  • イーサリアム:マイクロソフト・インテル・KDDI・トヨタ
  • エンジンコイン:サムスン・マイクロソフト

企業が提携・出資している通貨なら、信頼性も担保されており将来性は高いといえます。

仮想通貨はビジネスに使えるので、今後も出資企業は増えていくと予想されます。

無料で登録できるおすすめ仮想通貨取引所

bitFlyer

おすすめ仮想通貨取引所

口座開設はビットフライヤー がおすすめです。

ビットフライヤーが人気の理由
  • ビットコイン取引国内No1
  • 1円から買えるビットコイン
  • 口座開設が簡単で無料
  • 初心者でも使用しやすいスマホアプリ
  • セキュリティが万全
  • 電話でのカスタマーサポート

※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2021 年の年間出来高(差金決済 /先物取引を含む)

イッシー

ビットフライヤーでは、仮想通貨を1円から購入することが可能なので、初心者でも気軽に始めることができますね!

bitFlyer(ビットフライヤー)は、ビットコインの取引量が国内でトップレベルです。

ユーザー数も250万人と国内トップ水準を誇っているため、とても信頼性の高い取引所といえます。

ビットフライヤー無料登録はこちらから

»bitFlyer【無料登録】はこちら

ビットフライヤー取扱仮想通貨

  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • イーサリアムクラシック(ETC)
  • リップル(XRP)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • モナコイン(MONA)
  • エンジンコイン (ENJ)
  • ネム(XEM)
  • ライトコイン(LTC)
  • リスク(LSK)
  • ベーシックアテンショントークン(BAT)
  • テゾス(XTZ)
  • ステラルーメン(XLM)
  • ポルカドット(DOT)
  • チェーンリンク(LINK)
  • シンボル(XYM)

さらにビットフライヤーを利用するとお得な特典もついてきます。

  • ビットコインを無料でもらえる
  • アプリ限定ログインボーナス
»bitFlyer【無料登録】はこちら

ビットフライヤー の評判・クチコミ

まとめ:中長期的な視野で買い時を考える

以上、これから伸びる銘柄5つと失敗しない仮想通貨の選び方、おすすめの暗号資産交換業者(取引所)についてご紹介しました。

仮想通貨はまだまだ発展途上ではあるものの、大きな可能性を持った通貨が多数存在しています。

ビットコインやイーサリアムのようなメジャーなものだけでなく、マイナーなアルトコインへ投資も考えてみてはいかがでしょう。

仮想通貨の選び方

  • 信頼性が高いか
  • 時価総額が高いか
  • 流動性が高いか
  • 大手企業が提携・出資しているか

好みの銘柄が見つかった方は、さっそく仮想通貨取引所で取引をする準備をしましょう。

bitFlyer

-仮想通貨