プログラミング

【副業選択】プログラミング学習のメリット【始めるべき理由】

日本でも2020年からプログラミング授業の義務教育化が検討されており、プログラミングが国語や算数のように基礎的な知識として認知されるようになるのも時間の問題です。

これを読んでいる皆さんはIT機器を取り扱うのは得意ですか?最近はプログラミングを学ぶ人も増えています。今回はなぜプログラミングを学ぶ人が増えているのか、学習を始めるメリットは何かという内容に関してお伝えしたいと思います。

時間と場所に縛られない働き方ができる

単純にプログラミングはパソコンが一台さえあればどこにいてもできるので、在宅のみならず旅行中にも行うことができます。

今の時代のプログラムはパソコンを使って作成し、プログラムのチェックは自分の端末の中で行うことがほとんどです。

案件等があれば「パソコンとネット環境さえあればどこでもできるということです。

スキルが身についたら、家でもカフェでも場所を問わず稼ぐ事ができます。

実際にこういう働き方をしている人は現在増えてきていて、いわゆる「ノマドワーカー」「リモートワーカー」などと言われる人達のことです。

企業に属しながらリモートワークを行う人もいますし、その逆でフリーランスとしてリモートワークを行う人もいます。

好きな時間に、好きな場所で、お金を稼ぐ。

そんな働き方ができるのもプログラミングを学ぶメリットの一つです。

スキルが蓄積され年収に反映しやすい

プログラミングスキルは、企業で学んで退職したとしても、自分から離れることはありません。

学べば学ぶほど自分の市場価値が上がっていき、どんどん年収が高くなっていきます

これは、プログラミングが資格などと同様で、わかりやすい技術指標になるからです。プログラミングを学べば就職で役立つスキルになるります。スキルがどんどん積み重なっていくというのがプログラミングを学ぶメリットの一つです。これからの時代、多少のプログラミングスキルは持っていると良いですね。

ちなみに雇用形態にもよりますが、フリーランスの在宅プログラマーは、高収入の場合が多い様です。理由は「知識」、「経験」に合わせて「依頼人からの信頼」を積み上げているからです。

700万以上1000万未満の方達は、年数を積み上げていくと1000万以上になる予備軍だと言えます。

需要が高く仕事に困りにくい

また、経済産業省の「IT人材需給に関する調査」によると、IT人材は2018年に22万人、2020年に30万人不足すると試算されています。 これらの調査から、プログラマーを含めたIT人材は高い需要がある状況と言えます。

IT業界の採用動向にも、コロナ禍の影響による一時的な採用活動の停止などが見られますが、人材不足が続く以上、プログラマーの将来性は引き続き高いと予想されるでしょう

Webエンジニア・インフラエンジニア・ゲームプログラマー・社内SE など、色々なプログラマー職種需要が存在します。

今ではソーシングサイトを使って案件を獲得する例も多いです。

 ✅ランサーズ

 ✅クラウドワークス

フリーランスや副業でプログラミングが選ばれる理由が多いのもそこが理由の一つです。

プログラミングを学ぶ事で仕事の選択肢が広がる

プログラミングを学ぶことによって、職業の選択肢が広がります。

どのような職種であれ、パソコンをまったく使わない職種はほとんどない時代です。ホワイトカラーの職種を目指すなら、パソコンのスキルは必須です。プログラミングは、一般的なパソコンスキルを大きく上回る専門スキルです。身の回りの多くのものがプログラムでできていることを考えると、プログラムを作る技術を持った人が多く必要となるのは容易に想像できることです。

プログラミング技術を持っていれば、平均的な収入を上回る職業を手に入れるチャンスが増えることになるでしょう。

プログラマーと呼ばれる仕事には、スマートフォンやアプリケーション、ゲーム、家電、金融系や政府系の大規模な基幹システムなど、業界を超えたさまざまな分野のものがあります。


アプリケーション系のエンジニアは、スマートフォンやパソコンで使用するアプリケーションを作ります。また、家電製品を動かすためのシステムを作るのが、組み込み系と呼ばれるエンジニアです。

論理的思考が身につく

論理的思考と言うのは一言で説明すると、「物事を筋道を通して整理して考える能力」となります。

プログラミングとは、コンピューターを使ってある成果を得るために、コンピューターの言語に沿って指示を与えるものです。では、なぜプログラミングで論理的思考力が育つのか?その理由はコンピューターに対しては論理的思考にもとづいて細かく正確な指示を与えなければ機能しないからです。

 例えば、プログラミングでは「動く」という結果を出すために、どのような手順を組めばいいのかを論理的に考える必要がありますから、その過程で論理的思考力が鍛えられます。

動かすための方法を知るための情報収集力や、考えた手順が組み合わさったときにどう動くかを俯瞰して見る力も鍛えられます。プログラミングを習得すれば、本人が「論理的思考」というものを意識しなくても徐々に鍛えられていきます。

・プログラミングを最速最短で身に付けたい方は、プログラミングスクール に通うことをおすすめいたします。以下の人気のスクールをチェックして見てください。

【アイデミープレミアムプラン】

→初心者からAIエンジニアへ!オンラインAIプログラミングスクール Aidemy Premium

【WebCamp】

→転職成功率98%。転職できなければ全額返金。DMM.comグループならではの非公開求人も多数

【ZeroPlus】

→ 日本初フリーランス特化型プログラミングスクール、新規無料相談も可

最後に、、

多くの偉人がプログラミングに対して前向きな姿勢を示しているのは、それが日本や世界の経済を動かすために欠かせない存在であることを理解しているからです。そうした偉人達の言葉を信じてプログラミングを学んでみてはいかがでしょうか?高度な論理的思考力を手にすることで、あなたは一層輝くはずです。

-プログラミング