資産形成

NFTとは何?初心者でも分かりやすく解説|市場が急成長しているワケ

最近話題のNFTって何?

初心者にも分かりやすく教えて欲しい!

NFTは2021年になってから急激なスピードで認知度が高まりました。

NFTがテレビやSNSで取り上げることが多くなったことで「NFTって何だろう」「何となく気になる」という方も多いのではないでしょうか。

今回は「NFTとはそもそも何なのか?」「なぜデジタルデータが高額で取引をされているのか」を初心者でも分かりやすく具体的に解説します。

NFTの意味ってそもそも何?

NFTは「非代替性」と「トークン」という2つの用語を組み合わせた造語で、非代替性は「交換できない”希少性がある”」、トークンは「お金に相当するもの」という意味です。

「希少性がありお金のように価値があるデータ」がNFTの定義ですね

イッシー

今までは画像などのデジタルデータがコピー(複製)できることから、作品に希少性を求めることが難しいとされていました。

ですが、NFTという新しい技術によって、「オリジナルの存在」「所有者は誰か」を判別できるようになったのです。

NFTの機能ではコピー品がオリジナルを装っていたとしても見抜くことが出来ます。

これにより希少性を持たせることが可能になり、データで作られたクリプトアートが高額で取引されるようになったのです。

✔︎ 非代替性があるもの

  • 直筆サイン入りのボール
  • 有名絵描きの原画
  • 世界に一つしかないカード

✔︎ 代替性のあるもの

  • お金
  • フリー画像
  • 市販品

レアで価値がある=NFT

と覚えておくと分かりやすいです。

NFTは2021年から市場が急拡大

NFTの認知度は2021年に広く知れ渡るようになりましたが、存在は2012年のビットコインのプロジェクト「カラードコイン」まで遡ります。

そして2015年に暗号通貨の「イーサリアム」が一般公開されます。

この時点ではイーサリアムブロックチェーンでNFTを発行できませんでした。

しかし、2017年に「ERC721」企画が公開されNFTが発行されたり、売買することが可能になりました。

2021年は2020年の取引額の40倍以上に。

NFTの市場規模は2021年以降は取引額が跳ね上がり、一気に巨大市場へと変容しています。

2021年の1年年間の取引総額が役409億ドル(約4兆7100億円)となり、NFTブームの凄さを伺える結果となっています。

NFTの急拡大とデジタルアートの高額取引

2021年3月、デジタルアーティストのビープル氏が13年以上の月日をかけて5000枚のデジタル画像をコラージュして政策したアート作品が約75億円で楽されています。

Beeple氏は「NFT」を利用してデジタルアートに新しい価値を持たせた。

この件で「NFT」に基づいたデジタルアート作品が正当な評価を受け、オークションハウスで取引されたことが広く拡散され、多くの人の関心を集めました。

✔︎ NFTが注目された理由

  • デジタルデータの所有者の証明
  • デジタルデータの希少性
  • 投資対象・デジタルファッションとして話題性がある

NFTを発行すれば「この作品は自分だけのもの」という証明になるので世界中のコレクターに人気が出ました。

イッシー

高額取引NFT一覧

高額で取引されたNFTの一覧です。

NFTの発行元ジャンル価格
NBA Top Shotトレーディングカード約2200万円
Beepleデジタルアート約75億円
Axie Infinityゲーム内の土地約1億5000万円
ジャック・ドーシーTwitterのツイート約3億1600万円
波多野結衣写真データ1億6600万円
Doge コイン柴犬の写真データ約4億7000万円

トレーディングカード「NBAトップショット」もNFTの人気コンテンツ。

レブロンジェームスのトレーディングカードは約2200万円の価格がついています。

ジャック・ドーシーによるツイートは約3億1600万円で落札されています。

「SNSの初ツイートは価値がある」と購入者は判断しました。

NFTを発行すれば「所有者の明確化」をすると同時に「希少性の担保」もできる。

上記がNFTが注目される第2の理由です。

NFTが人気のワケまとめ

✔︎ NFTが人気のワケ

  • デジタルデータの所有の照明
  • デジタルデータの希少性
  • デジタルファッションとしての話題性
  • 投資目的での購入

NFTはブロックチェーン技術を用いた非代替性トークンのため、改ざんができず、固有の性格を持つことができます。

そのためNFTアートを購入した人は、「このコンテンツの持ち主があなたである」ことを簡単に証明できるようになるのです。

誰でも購入・販売ができるようになった事が、一般の方にも広く知れ渡るきっかけとなりました。

イッシー

イーサリアムなどの仮想通貨を準備しておけば、誰でも簡単にNFTアートの購入者や販売者になれるのです。

まだイーサリアムなど仮想通貨を持っていない方は、仮想通貨取引所で無料口座開設から始めましょう。

-資産形成